経営戦略

地域密着型シナジー戦略

国内の多くの企業がグローバル化を目指して様々な展開を見せている中、タカラデンキはその全く逆へ突き進み、徹底した地域密着の企業活動を行っています。

私たちは、この街が大好きなのです。もちろん「好きだから」という想いのみで会社経営を行っているわけではありません。企業理念を軸とした独自の戦略を構築し、売り手良し、買い手良し、世間良しの、三方良しの実践を目指しています。

タカラデンキおよびタカラグループのそれぞれの事業は、成り行きで開始された事業ではなく、それぞれが有機的に結合し、強力なシナジー効果の発揮を意図して生み出された事業です。

現在の超高齢社会の中で、様々な側面から地域社会の問題・課題を解決し、あたたかい街づくりを行うことがタカラデンキのビジネスモデルです。

私たちは、多くの人に喜んでもらいたい、役に立ちたいという気持ちを大切にし、地域の抱える問題・課題を解決するために様々な側面から事業を展開しています。私たちの戦略は、それぞれの事業が単体で独立しつつ、組み合わせる事で相乗効果を生み出す戦略です。